HauntingMelodyKee Silent

by neilguse-il

/
  • Streaming + Download

     

1.
02:51
2.
3.
4.
5.
6.
03:49
7.
05:59
8.
05:48

credits

released November 28, 2014

music:neilguse-il
photo:Heki

tags

license

all rights reserved
Track Name: 「ごめんなさい」という言葉、以外で
インスタントで 一時的な 思考停止
「空回った」
消えてしまえ。透明なIF ほら、いつも… 無視しないで
と、囁くの。
誰かの言葉 借り 近くに来ないでよ
届けなくちゃ 
「いけない事は 夜が明ける予感を背に」
飛び立つ窓際
荒地盗人萩の果実
くらくらするような、憂鬱だけ
淡紅色の傘に降り咲く

あぁ、擦り切れて、傷みだす桃の香りに
痺れる瞼
このまま 眠れたら 散らばれるのに

思い出せずにいた 青色の鳥
鳴いて 呼び寄せたのは青白い 溶けかけの夢
崩れ行く 未来の故
繰り返すの コレまでのツギハギレール、翼では無く
置いてかれた あの日の色と音の記憶 モノクローム

答えてみて 私の恋しさの位置 
行方知れず このまま絶えてゆく
それだけなの
「一度きり」は永遠みたいね?

二人で どこか遠い待ちへ行こう
呟いてみる
頷くカーテンの揺らぎすら 皮肉みたく

「ごめんなさい」という言葉、以外で
今を生きる罪悪感 殺そうとして声をあげたのは いつものこと
透き通った紫陽花、ひしゃぐ落雷の呼び声に
また泣き出した
在りし灯のこと
一人きりはキリもなくし
Track Name: サイハテ風見鶏
通り過ぎた
花火で焼け焦げた空
落ちてくる
痛みの無い気持ちと
立ち尽くしてる
言葉は青白
ただ、繰り返す
落ちるだけの事さと

振り返っても
誰もいない屋上に咲く
最果て風見鶏
見つめてる自分の影
穴の開いた眼

取り返しの無いことより
とどくことのほうが
苦しくなるような事ばかりですから
この手は羽になる 今に

夜はやがて
薄紅 染まり
待ち人たちの声を
送り届けた
取り残された私、いつまでも
動かなければ、いつか溶けてゆく

そう願っていたの
風がやみ雨が降るたびに
生まれる価値観が
首筋に手をかけてくる
淀む呼吸

最後の時より
はじまらないが欲しいはずなのに
一つだけ残された景色が
これからだけなんて
皮肉ね

もしかしたら次は大丈夫かも
って思うことをやめても、時の流れは
飛び降りるよりも早く私を淀ませるから
ここで 終わりと ふわり 超えてゆくの
頭から 膝の辺りまできた 気持ちと
不意に泣き出した 心から

最後の時より
はじまり ない事が欲しいと思うの
一つだけ残された景色が
これからだけなんて
皮肉ね