きっと生まれて変わったら

from by neilguse-il

/
  • Streaming + Download

     

lyrics

「きっと生まれて変わったら」

ヘリオトロープ 重ねた秘密
甘く疼く行為 もう
時折 目に付く 灰の世界は
口の中で溶けたはず

取り留めない、霞の呼吸
止めて、少しだけ事と

幼い孤独 縋るみたく
埋もれ満たしてく
浅ましの徒 歪む喘ぎと

なし崩し、咲き出した
紅色の吐息だけ
満たされた 今だけは「透明じゃないのよ!」

たぶん、おそらく
夜の月は青の影
滴る思いは瞳を刺して、抉る 二度と消えぬため
羊よりも数えなれた 傷みと追悼の兆しに
凍える振りしてアナタの形を
求めても、朝焼けが焼き尽くし 夢のあと
戻れない花瓶には 白々と跡形もなく
さよならが かき消した 微かの罪味の
ありふれた時を求めて、また

credits

from 投稿したもの, released May 4, 2014
music.neilguse-il

tags

license

all rights reserved